FC2ブログ
  • --⁄--⁄--(--)
  • --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
  • 2010⁄03⁄25(Thu)
  • 21:30

*ブルームーン  2010年3月30日

青い満月
ブルームーン

ブルームーンの言い伝えはこちら
↓↓



3月30日今年2度目のブルームーンを迎えます。
欧米では昔からブルームーンを見ると幸運がもたらされるという言い伝えがあります。

春分の日を迎え、地球レベルで純粋な愛を分かち合う波動がどんどん高まっています。

     純粋な愛の定義:①純粋な愛は人に対する期待や隠された動機・罪悪感を伴わず、人を操ったり、
うっぷんを晴らすために与えられることはない。
②愛は自己本来の性質が自ずとほとばしり出るものであり、それは理由なしに人を思いやる。
③人々や動物・植物・その他創造された全ての存在の本質を見たときに湧き上がってくる、ごく自然な反応。
④存在する全てのものを通してながれる神または女神的な本質。




   今の社会での定義:愛とは人々のことを心配し、失うことを怖れるものであり、また自分が気分よく安全でいるために周りの人々に要求するものである。
自分の必要が叶えられたり、価値が認められたり、欲するものが与えられた時に相手に対して感じるものが愛であり、相手に「あなたがいないと耐えられないわ」と言うこと。
人を憐れんだり同情したりすることが愛だと教えられています。
ほとんどの人はそれらを愛と呼び、愛ゆえの症状だと認めているのです。

2週間前シャスタから来日していたアモラクァンインの愛の定義です。
スクール生のワークを受けてきました。性的関係を癒すというワークでした。
春分の日にアモラの愛の定義である純粋な愛にふれる出来事があり・・・魂が・・・ハートが・・・感動し、過去から抱えていたトラウマが、今もなお幻想の中で生きていた、私の中にある女性性と男性性が会話をはじめ、お互いに向き合い、神意識の男性性が、優しくそして情熱的に女性性を讃え 幻想の中で生きていた、純粋な愛を知らない、知ろうとしない女性性を、神意識の男性性が、女性性の女神意識を目覚めさせてくれました。

春分の日からこの満月のブルームーンにかけて、私と同じように、聖なる父、そして聖なる母の愛に包まれる・・・そんな体験をした人も多いのではないかと思います。


純粋な愛を学ぶために再び神・女神意識の再来です。
ブルームーンは神意識の目覚めを降り注いでくれます。
意識して青い月を眺めてみてください。
あなたの中に未だ目覚めていない、女神意識の女性性が目覚め始めるでしょう


アストロロジャー KIYOMI SASAKI







category
ブログ
genre
心と身体
theme
幸せになる方法

TrackBack Url

http://bluemoon77888.blog39.fc2.com/tb.php/51-da29ce7a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。